舌の病気の種類と特徴

舌の病気には直ぐに病院で検査を受ける必要があるものから、あまり心配のいらない病気までいろいろですが、ここでは病気の症状や種類を説明します。

サイトトップ > 舌苔

スポンサードリンク

舌の病気の種類と特徴

舌苔


舌苔(ぜったい)は、舌に白い苔状のものが付着している状態のことで、以外に誰でも経験があるかもしれません。これは舌の上皮が伸びたものに細菌や食べカス、粘膜のカスが付着しているのですが、原因としては、ストレスなど心身系の他にも免疫力が低下したり、消化器系の疾患によっても発生します。


特に溝状舌の場合は舌苔が付着しやすく、口臭の原因となることもあります。従来では除去を勧める歯科も多かったのですが、最近では自然な生体反応の一つであるとも考えられており、舌粘膜の保護の観点からも、物理的に除去するよりも、根本原因での解決を図ることが多くなっているようです。


除去の方法としては舌ブラシなどがあります。舌苔が付着しやすい溝状舌とは舌背の表面に多数の溝がみられる状態のことで、原因は遺伝性の先天性溝状舌と、全身疾患の局所症状、外傷、感染などの後天性のものがあります。


多いのは先天性溝状舌で、先天性溝状舌は形成異常、奇形、変形症に該当する疾患です。治療の必要性はないのですが舌苔が溜まりやすく不潔になりやすいので、常に清潔に保つことが必要です。


舌苔は、口臭原因でもあり見た目も悪いので、付着していると、とにかく取り除くことが先行しがちですが、舌苔は単に除去するものではなく、健康状態を知るための重要な指標だと考えてください。


最近妙に舌苔が増えた、舌苔の色が変わったなどに気がついたら、単に舌苔を除去や治療を考えるよりも、起因している他の部分の症状の改善や治療を考えるべきです。


舌の病気の種類と特徴

MENU



スポンサードリンク